SDGs

おしゃれで便利なおすすめエコバッグ7選!エコバッグを選ぶポイントも紹介

 

あなたはエコバッグを持ち歩いていますか?
レジ袋の有料化が7月から義務化されたことで、エコバッグが必要な場面が増えましたね。せっかく買ったのにカバンに入れ忘れてしまい有料の袋を購入せざるを得なかったという経験をした人や、使い勝手がイマイチで残念な思いをした人もいるのでは?

今回は、エコバッグを持っていない人や、2つ目を探している人におすすめのエコバッグを7つ紹介します!機能やデザインに注目です。

 

 

そもそもレジ袋が有料化されたのはなぜ?

使い捨ての袋はゴミとなりポイ捨てや、埋め立て地から海に流れ出たりして地球を汚す原因になります。有料化にすると、商品の購入時に袋を断る人が増えるので、結果的にゴミを減らすことができるというのが政府の狙いです。エコバッグを持ち歩くことは、SDGsの17の目標を達成するために出来る身近な取り組みなんです。

→レジ袋の有料化の対象など詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。

 

 

エコバッグ、何で選ぶ?選ぶポイントを解説

 

エコバッグは種類も豊富で、おしゃれなデザイン?機能面?何で選ぼうか悩みますよね。2つのエコバッグを使い分けて持ち歩いている私が、どんなエコバッグを使っているか紹介しますので参考にしてみてください。

私が持ち歩いているエコバッグ1つ目はこんなの…

Decorative Images

このエコバッグはスーパーや買い物に行くときに持ち歩くようにしています。
ポイントは、たくさん荷物が入るのに、コンパクトになるところ。ネギなどの長い食べ物が飛び出ないところと、グリップ部分が太く重い物を入れても手が痛くなりにくいところが嬉しい。

 

私が持ち歩いているエコバッグ2つ目はこんなの…

Decorative Images

このエコバッグは遊びに行くときに念のため持ち歩くために購入しました。小さなバッグにも入る、横長にコンパクトになるところと、使用したときにおしゃれ着を邪魔しないシンプルなデザインがポイントです。念のため持ち歩くための物なのでサイズは小ぶりです。

 

こんな風に、どんな場面で、どれくらいの頻度で使うかがエコバッグを選ぶポイントになってくると思います。あなたのライフスタイルに合わせて選びましょう。

 

 

 

どんなコーデにも合う!シンプルなエコバッグ4選

お出かけやデートの時など、あなたのお気に入りのコーデを邪魔しないシンプルかつおしゃれなエコバッグを4つ紹介します。

 

 

1.フォルディロールバッグ/0.(ゼロドット)

Decorative Images

海外のクラウドファンディングで商品化されたエコバッグ。最大の特徴は18gという超軽量かつ形状記憶で簡単に収納できること。コンパクトなのに2リットルのペットボトルが1本入る大きさで、シートベルト素材の持ち手は食い込みが少なく痛みも少ない。※Sサイズの紹介

→価格や詳細はコチラからチェック!

 

 

2.Regile(レジル)/アソボーゼ

「コンビニの買い物に“ちょうどいい”」をコンセプトに設計されたエコバッグ。レジ袋の使いやすさを活かした形を、丈夫なコーデュラナイロンで仕上げています。汚れても拭き取ればOK。いつもの買い物と同じ感覚で使えることやシンプルさが男女問わず人気です。内側に収納ポケットがついているので、収納袋をなくす心配もありません。

→価格や詳細はコチラからチェック!

 

 

3.ファスナー付きナイロンショルダーバッグ/JULY NINE(ジュランナイン)

両手がふさがっていても使えるショルダータイプは、大荷物の時、カゴのない自転車に乗る時、子どもといる時などのシーンにおすすめです。また、ボディには登山用品などに使われるリップストップナイロンを採用。破れてもそれ以上の進行を食い止めてくれる耐久性に優れた素材です。

→価格や詳細はコチラからチェック!

 

 

4.ショッピングバッグ/DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)

コットン素材でナチュラルな雰囲気を楽しめるエコバッグ。エコバッグとは思えないかわいいデザインは、メインバッグとして使っても違和感がありません。特に女性からの支持が多く、マチが12cmとしっかりあるので、荷物もたくさん入ります。

→価格や詳細はコチラからチェック!

 

 

 

日常の買い物で役立つエコバッグ3選

日常のさまざまな買い物シーンで役に立つ機能があるエコバッグを3つ紹介します。

 

1.ポケットバッグ/THERMOS(サーモス)

魔法びんや水筒でおなじみのサーモスから発売されたエコバッグは、マチが21cmとかなり広く設計されています。スーパーやコンビニなどの弁当や総菜もすっぽり入るので、傾きが少なく、中身が溢れることが少ないのが特徴です。

→価格や詳細はコチラからチェック!

 

 

 

2.エコバッグ/Miwoluna(ミウォルナ)

主婦の意見から作られたエコバッグ。 スーパーなどの買い物カゴに収まるよう台形に設計されており、会計時にスタッフが商品をカゴからカゴに移す際にそのまま袋に入れてくれるので、時間と手間が省けます。他にも主婦にとって嬉しい機能が盛りだくさんで人気の商品です。

→価格や詳細はコチラからチェック!

 

 

 

3.Shuppatto(シュパット)/MARNA(マーナ)

入社1年目の社員が閃いたアイデアが商品化されたエコバッグ。バッグの両端を握り一気に引っ張るだけで畳むことができる優れもので、簡単に収納できることから話題になりました。サイズや形も豊富で、さまざまなシーンに合わせて使用できるのが嬉しい。

→価格や詳細はコチラからチェック!