Life-style

モチベーションを上げる方法5選!|毎日あなたがイキイキと働けるために

 

モチベーションがあがらない、もしくはあげたいのにあげ方が分からない…など、悩むことはありませんか?今回はモチベーションの意味とモチベーションをあげる方法をまとめてみました。仕事や日常生活で役立ててみてくださいね。

 

 

モチベーションとは

Decorative Images

モチベーションは、日本語に訳すと「やる気」「動機」という意味です。「仕事のモチベーションが上がらない」というのは「やる気が出ない」ということを表していることになります。

反対に「モチベーションが高まっていて仕事が楽しい」と言っている場合、ものすごく仕事に対して意欲的であるということが分かります。

 

モチベーションには種類がある?!

Decorative Images

モチベーションには種類があります。「外発的モチベーション」「内発的モチベーション」の2つに分けることができると言われています。

外発的モチベーションは外側から与えられるものです。具体的には役職や報酬などがあります。

内発的モチベーションは自分の心から起こるものです。自分が味わいたい達成感や成長したい気持ちなどがこれにあたります。

 

モチベーションをあげるメリット

Decorative Images

モチベーションをあげると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

企業の場合を想像してみてください。やる気が感じられずダラダラしている社員ばかりでは、会社全体に活気が感じられず、企業の業績は思うように上がらないでしょう。

モチベーションをあげることのメリットは、社員の働く姿勢が変わり会社の業績もアップすること。一人一人がやりがいを感じながら仕事に取り組むことができ、自己成長に繋がります。会社にとっても社員にとっても良いことしかありませんね。

また、モチベーションが高い社員が仕事をすることで顧客満足度も高めることができます。お客様のためにどのようにすれば良いのか、モチベーションが高いほうが良いアイディアも浮かんでくるものです。そして良い商品やサービスが提供できることにより顧客からの信頼も得られるのです。

 

モチベーションをあげる方法5選!

Decorative Images

モチベーションをあげた方が良いことは分かったけれど、どのようにしてモチベーションをあげたら良いか分からない…という人もいると思います。そんな悩みがあるあなたにモチベーションをあげる方法をまとめてみました。

 

1.まずは目の前のやるべきことをやり遂げる

やる気がないからといつまでも何もせずにいては、モチベーションは上がりません。まず行動することが大切です。やる気スイッチを入れるつもりで、目の前の仕事に集中しましょう。ひとつ課題をやり遂げることができれば自信もつきます。

 

2.モチベーションの高い人の話を聞いて真似をしてみる

モチベーションが高い人、自分がこのようになりたいと理想とする人の話を聞いて真似をしてみることもおすすめです。自分だけでは想像もしなかった考え方や行動がを発見できるかもしれません。

 

3.長期的な計画を立てる

目の前のことをやり遂げられる自信がついたら、新しい目標を掲げましょう。そして長期的に目標達成に向けての計画も立てます。具体的な行動計画を立てることで、ひとつひとつステップアップしていることが実感できて、意欲も高まります。

 

4.だらだら仕事をしない

だらだらと作業をすると、どうしてもやる気スイッチは入りません。ひとつの作業を○時までに仕上げる!と目標を設定したり、目的ごとに時間を区切って行うことでやる気が出やすくなりますよ。

 

5.習慣にする

決まった作業はルーティンにしてしまうことでスムーズに行えるようになります。最近はモーニングルーティン・ナイトルーティンなどをSNS等に動画でアップする人も多いですよね。ルーティンをつくることであなたの日常をより良いものにできるかもしれませんよ。

▶︎ルーティンについて興味のある方は、前回の記事「ルーティンってなに?ルーティンが日常にもたらす変化やメリットとは」をご覧ください。