Life-style

タオルにカビができても諦めないで!カビの退治・予防方法を紹介

雨の日が続くと、部屋干しが多くなります。そんなとき気になるのがタオルのカビ。嫌な匂いがなかなか取れなくて憂鬱になりますよね。今回はカビの退治・予防方法について紹介します。

 

 

そもそもカビってなに?

Decorative Images

湿気の多いところにできる黒い汚れやピンクのぬめりなどがカビです。家の中でみる頻度が高いのは、浴槽、キッチン、トイレ、洗濯機などの水回りです。

他にも、湿った衣類にもカビは発生します。柔軟剤などを使用しても嫌な匂いがなかなか取れないなんてことがあればカビの仕業かもしれませんね。

 

カビができる原因って?

Decorative Images

カビができる原因は主に湿気です。

タオルを例にすると、カビができる原因は2つあります。

1つ目は、タオルを濡れた状態のままにしておくことです。

カビは高温多湿な場所が大好きです。特に梅雨から夏の間、濡れたタオルは外気によって温められて、カビの発生する好条件になりやすいもの。

 

2つ目は、洗濯槽の汚れです。

毎日しっかり洗濯して乾燥させているのに、タオルがカビてしまったという人は、洗濯槽を確認してみてください。

洗濯槽にはカビ菌が潜んでいることが多く、その洗濯機で洗濯をするとカビ菌が衣類に付着してカビの原因になります。

この場合は洗濯槽の掃除が必要です。

 

簡単!タオルのカビの退治方法

Decorative Images

タオルにカビが生えてしまったら、捨てるしかないと諦めてしまう人もいると思いますが、お気に入りのタオルだと捨てるのはなんだかもったいない!カビを退治する方法があるのでぜひ実践してみてください。

 

〜塩素系漂白剤を使った退治方法〜

1.バケツにタオルが浸るほどの40℃50℃のお湯を用意

2.お湯の量に対して規定量の漂白剤を入れ、カビの生えたタオルをしっかり浸す ※素手では危険なので厚手のゴム手袋などを使いましょう。

3.12時間つけ置きしたら、タオルを引き上げていつも通り洗濯し、天日干しでしっかり乾燥させる

[ポイント]漂白剤は液体よりも粉末タイプの方が濃度が濃いので、しっかりカビを退治したいときには粉末がおすすめです。ただし長時間放置するとタオルが傷んでしまったり、色や柄が落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

タオルのカビの予防方法

Decorative Images

カビが生えてしまうと、退治するのに手間がかかりますよね。普段からカビが生えないように予防しておくことが大切です。

タオルのカビの予防に大切なことは、この2つ。

・湿らせたまま放置しない

・定期的に洗濯槽を掃除する

タオルを洗濯する時には、濡れたまま放置せずにすぐに干しましょう。出先でタオルを濡らした場合には、軽く乾燥させたり、帰宅したらすぐに洗うようにしましょう。

洗濯槽は、専用のクリーナーなども販売されています。定期的に掃除することで、カビ予防だけでなく臭いの予防にもなります。