Life-style

チルの意味や使い方とは?若者言葉「チル」のルーツは音楽にあった!

 

あなたは若者言葉をどれくらい知っていますか?「マジ卍」「タピる」「エモい」など次々と新しい言葉を生み出す若者たち。言葉のルーツを探れば意外な物事が関連していることがわかりました!今回は「チル」という言葉の意味や使い方、流行のきっかけを紹介します。

 

 

 

「チル」ってどういう意味?

Chill(チル)」は本来、「寒気」や「不快に感じる」という意味を持っていますが、スラングとして使う場合には、「のんびりする」「リラックスする」「まったりとくつろぐ」という意味に変わります。

現在、若者言葉として流行っているのはスラングからきている「チル」になります。

 

若者言葉「チル」ってどうやって使うの?

Decorative Images

若者はチルをどんなふうに使うのでしょうか。

例)「お休みだから今日は朝からずっとチルってる

「この景色、めっちゃチルい

「今日はお家で彼氏とチルる

「折角の連休だからハワイに旅行してチルするんだ

「コーヒー飲みながらチルってる

「チル」はこのように「ストレスなく自然にのんびりまったりリラックスをしている」という使い方や表現で主に使われているようです。

日常会話で「チル」という言葉はあまり耳にはしないですが、インスタグラムで#チルと検索すると、5万件以上の投稿が見られます!やっぱり流行ってるみたいですね。

また「チル」には癒しという意味もあるので、「♯Chill「♯チル」とハッシュタグをつけて自然の海や空などの絶景画像を載せている人やカフェでまったりとくつろいでいる写真を上げている人たちもいるみたいです。

 

「チル」から派生した新しい言葉も登場!

Decorative Images

実はチルという言葉から派生して新しい言葉も誕生しているんです。

日常のストレスから解放されるようなスケジュールや、何もない空間を楽しむようなリラックスを目的とする旅を「チル旅」

お互い気兼ねなく心を許してゆっくりと話ができる友人のことを「チル友」と呼びます。

 

実は「チル」のルーツは音楽にある?!

Decorative Images

「チル」が流行っている背景には何があるのでしょうか。

そもそも「chill out」という言葉が一般的に広まったのは、イギリス出身のハウス&テクノユニットの「The KLF」が1993年にアルバム「Chill Out」を発売し、「チルアウト」という新しい音楽ジャンルが生まれたのが始まりです。

クラブハウスでは踊って騒ぐのが多いアップテンポの曲が主流の中、ダウンテンポでゆっくりと休める曲として「チルする」という新しいクラブハウスの楽しみ方ができました。

そして、アメリカでは10年以上も前からChill outChillingは一般的に使用されており、アメリカの流行語になったNetflix and chill(ネットフリックスを見ながら家でくつろごうよ)といった夜のお誘い文句や、「chill」と「relax(リラックス)」を混ぜ合わせたchillaxなんていう造語も新たに誕生しています。

現在の日本のクラブハウスでも「チルスペース」という、ダンスフロアから離れた場所で漏れてくる音楽を聴きながら、まったりと過ごす場所があるようです。

 

日本で若者言葉「チル」が流行ったきっかけは?

Decorative Images

日本の若者に「チル」が幅広く認知されたきっかけは、日本テレビ系で放送されている「有吉反省会」で、テラスハウスにも出演していたタレントの今井華さんが「チルってる」と発言したことです。

これにより日本では「チルる」「チルってる」と、TwitterやInstagramなどのSNSで若者を中心に使われるようになったそうです。芸能人やモデルなどの影響力はやっぱりすごいですね。

今はSNSで見ることの方が多いですが、日常会話でも出てくるようになるかもしれませんね。そして若者だけでなく広い世代に浸透する日も近いかもしれませんよ。