Life-style

リフレーミングで叶える円滑な人間関係|リフレーミングってなに?

 

あなたは人間関係に悩んでいませんか?

「職場に嫌味を言ってくる人がいる」「身近な人に思いが伝わらない」など…。自分一人の問題ではないので解決が難しく悩む人も多いでしょう。今回はあなたの人間関係を今よりも良好にするための手法「リフレーミング」を紹介します。

 

 

 

 

人間関係を円滑にする「リフレーミング」ってなに?

image

リフレーミング(reframing)とは、物事の枠組み(フレーム:frame)を変えることで、その出来事に別の視点を持たせる(re-frame)という考え方・概念です。具体的な手法としては2つあります。

 

状況リフレーミングと内容リフレーミングについて

 

まずは1つ目の「状況リフレーミング」を説明します。

状況リフレーミングは、「他に役立つ状況を考える」という考え方です。例えば飛び込み営業に行った先でつい余計なことを言ってしまい先方を怒らせてしまったとします。結果だけみれば、その行動は失敗ですがこの結果を前向きに変換して見ると「商談の場においては、正直に言うことが役に立ちそう」であったり「裏表のない性格が後輩に好かれそう」などと捉えることもできます。

このように、状況リフレーミングを行うことによって、ただの失敗で終わることなく、他の状況価値を与えることができます。

 

次に2つ目の「内容リフレーミング」を説明します。

内容リフレーミングは「他にどんなプラスの意味や価値があるか考える」という考え方。例えば1つ目のケースは「お客様と早く打ち解けようとした」ことや「その場を盛り上げようとした」ことに繋がり、その失敗に意味を持たせることができるのです。

 

このようにリフレーミングは物事をプラスの方向に転換できる発想のことです

 

リフレーミングのメリットは?

image

悩んでいるあなたが奮起したい時落ち込んだ時などに、このリフレーミングを取り入れることはとても有効だと思います。それだけでなく、あなたの周りの人に対してリフレーミングを取り入れた言葉掛けをしてみてください。きっと今よりも人間関係が円滑に進むことが多くなりますよ。

 

リフレーミングは日頃から意識することが大切

image

リフレーミングを取り入れた考え方や言葉掛けは、日頃から意識していないとスムーズに浮かぶものではありません。

コツは、はじめから頑張りすぎないことです。短い単語でリフレーミングを取り入れて、少しずつ長くし会話に繋げれば徐々に上達していきますよ。例えば、口下手=聞き上手、飽きっぽい=好奇心旺盛など、一見するとマイナスなイメージを持つ単語を、別の価値を持たせられるようなプラスの言葉に転換させるように意識してみましょう。

また「○○のおかげで」「○○だからこそ」というワードも、プラスに転換させるときにとても有効です。例えば「飛び込み営業で失敗したおかげで、度胸がついた」や「飛び込み営業で失敗したからこそ慎重になった」という風に変換しましょう。

この癖は、あなたの魅力を高めることにも繋がります。脳トレのようにもしかして知能指数も上がるかもしれません。ぜひご自分の言葉でこの変換ゲームを行ってみてくださいね!