Life-style

「チャイ」ってどんな飲み物?歴史やレシピなどチャイの基本まとめ

main

 

今やコーヒーや紅茶のように、カフェなどで気軽に飲むことができるようになったチャイ。気にはなるけどまだ飲んだことがないという人もいるのでは。今回はチャイの歴史やレシピを紹介します。おうち時間を楽しく過ごしませんか?

 

チャイってどんな飲み物?

Decorative Images

チャイとはインドで飲まれているスパイス入りのミルクティーです。

使用している茶葉の品種は紅茶と変わらないので、ミルクティーと勘違いしている人もいると思いますが、チャイには砂糖とスパイスが必須。独特な風味と香りが特徴です。

また数年前まではインド料理店で出てくる飲み物というイメージがありましたが、今はカフェやコーヒー店でも提供されたり、食料品店でもチャイのティーパックが販売されているので身近な存在になっています。

 

チャイとミルクティーは何が違うの?

Decorative Images

チャイとミルクティーの違いは、茶葉と作り方にあります。

チャイの茶葉は細やかで粉末状になっています。Crush(クラッシュ=潰す、 Tear(テール)=引き裂く 、Curl(カール)=丸める の頭文字をとって、CTC茶葉と呼ばれています。

普通の紅茶の茶葉に比べ味も濃くなるのが特徴です。また紅茶は茶葉を入れて湯を注いで待ちますが、チャイは鍋に茶葉を入れて煮出すのが基本になります。そのため紅茶はスッキリした味わいなのに対し、チャイは深く濃い味わいになります。

同じ品種の茶葉なのに作り方に違いがあるのには何か理由があるのでしょうか。

なぜチャイは生まれたのか

Decorative Images

様々な説があるのですが、中国がチャイの発祥で、それをイギリスが持ち返り、当時イギリスの植民地であるインドでチャイが楽しまれるようになったという説があります。

また、インドはスパイスが豊富なことから出来の悪い茶葉を美味しく飲むための工夫としてスパイスを入れたり煮出したりしたのではないかともいわれています。

 

国によって違う紅茶の飲み方

紅茶を使った飲み物はインドではチャイが定番ですが、国によって飲み方は様々。自分好みの飲み方を探してみて。

●インドの場合

チャイはインドが本場なので国内どこでもチャイは親しまれています。特に北側ではチャイが定番で、南側はインディアンコーヒーが定番になります。チャイは日常的に飲まれているようで、地域ごとにスパイスの分量も異なるので各家庭によって味はバラバラ。日本でいうと味噌汁の感覚に近いのかもしれませんね。

●ロシアの場合

ロシアでは、紅茶を楽しむ時に必須なのは甘いもの。定番はジャムを口に入れてから紅茶を飲むスタイルです。砂糖が貴重だったころに代わりにジャムで甘みをカバーしたことからロシアンティーが生まれたそうです。

●トルコの場合

ミルクなしで甘味だけのストレートなチャイが定番。とにかく味が濃いので、人それぞれ好みの濃さにお湯で割って飲むそうです。

●モロッコの場合

モロッコではミントをいれます。モロッコは夏の気候が乾燥していて40~50もありますので、ミント入りのチャイで爽快感を出しているのでしょうね。

 

チャイの基本の作り方

Decorative Images

※あくまで一例

時間のある日は甘いチャイを飲んでのんびりするのはいかが?いつもより少し特別な気分を味わえそう。

 

〈材料〉水100ml、牛乳400ml、砂糖大さじ2杯、CTC茶葉10g、スパイス(シナモンスティック1本・カルダモン2粒・クローブ3粒・生姜スライス2枚)※スパイスは好みで

〈いるもの〉鍋、茶こし

〈作り方〉水、砂糖、スパイスを中火で1〜2分煮る。次に茶葉を加えて3分ほど煮詰め、牛乳を加えて5分ほど弱火で煮る。最後に茶こしでこしてカップに淹れれば完成。

☆茶葉はアッサムがおすすめで、スパイスは全てパウダーよりも原型を潰して使用するとより風味や香りが引き立ちます。