SDGs

レジ袋の有料化はいつから?どこで?|詳しく調べてみました

main

 

レジ袋の有料化がいよいよ本格的になります!いつから始まるのか、どの業種でレジ袋の有料化を実施するのかなど、詳しく調べてみました。

参照:経済産業省「https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html」

レジ袋の有料化はいつからはじまるの?

レジ袋が全て有料になるという話は聞きますが、一体いつからはじまるのか曖昧な人もいるのでは?

レジ袋の有料化は、全小売店で2020年7月から義務付けられます。今までもレジ袋が有料のお店はありましたが、食品スーパーがほとんどでした。それ以外の業種でもレジ袋の有料化をするにはどんな理由があるのでしょうか。

 

全小売店でレジ袋有料化の狙いは?

 

そもそもレジ袋を有料にするには、環境問題が関わっています。レジ袋を有料化にすることで、会計時にレジ袋を断る人が増えます。プラスチックゴミを増やさないためにも、こういった地道な対策を政府は行っているんですね。

また、今回のように全小売店で行うことで、どの世代の人にもプラスチックゴミが環境に悪影響を及ぼしているということを知ってもらう機会に繋がります。

プラスチックゴミが地球にやさしくない理由はコチラの記事を参考に。

 

レジ袋の有料化には対象がある!

レジ袋なら全て有料になる!と思っている人が多いでしょうが、実は全てではないことをご存知でしたか?

Functional Images

対象になるのは簡単にいうと「持ち手のついたプラスチック製買物袋」です。

細かい判断基準は4つあり、素材、持ち手、入れるもの、辞退の可否が判断ポイントになります。

[対象]素材…プラスチック 持ち手…あり 入れるもの…商品 辞退…できる

 

ちなみに同じようなプラスチック製買物袋でも環境に配慮してあるものは対象外となるそうでう。

対象外になるのは、 ①繰り返し使えて地球にやさしい ②微生物によって海洋で分解され地球にやさしい ③温暖化対策に寄与する地球にやさしい素材 の3つです。

Functional Images

あくまでも有料の対象かどうかは地球にやさしいか、やさしくないかが対象の境界線になるようですね。

 

すでに有料化がスタートしている小売店もある!

 

image

レジ袋の有料化は7月から義務化ですが、食品スーパー以外でも、すでにスタートしているお店もあるんです!イオン、マツモトキヨシ、ウエルシアなどではもうすでに始まっているそうで、1枚2〜10円で販売しているそう。価格は各企業が設定するので、お店によってまちまちです。

また、ユニクロとGUはレジ袋を紙製のものに変更しています。このようにありとあらゆる小売店で紙袋をみることが増えそうですね。

洋菓子店などは保冷バッグに切り替えているお店もあるそうです。贈答用に購入する人も多い業種なのでプラ製の袋が使えないことはお店の人の頭を悩ませるでしょう。

また、経済産業省のHPでレジ袋の有料化についてのガイドラインをまとめたパンフレットや店頭で使えるチラシなどがダウンロードできますよ。HPはコチラをクリック。