Life-style

フェムテックが日本市場でブームになる予感|フェムテックとは?

main

 

これから日本市場で話題になること必至といわれる「フェムテック」。一体、わたしたちにどう関わってくるのか調べてみました。女性のカラダの問題に密接に関わってくるので要注目です!

フェムテックってなに?

 

image
Femtech(フェムテック)」とは、Female(女性)とTechnology(技術)を掛け合わせた言葉で、女性特有のカラダにまつわる健康を目的とした製品や、技術、サービスのことです。

これまで、身体に関する健康は「ヘルスケア」、心に関する健康は「メンタルケア」という概念でとらえられてきましたが、一般的なヘルスケアの中からさらに女性特有の課題を取り上げて、「テクノロジーで女性のヘルスケアやライフスタイルをサポートしよう」という発想から誕生したのが「フェムテック」です。

 

フェムテックは何に関連するの?

 

image

フェムテックは、生理、セックス、妊活、育児、更年期、医療など、女性特有の視点でのさまざまな問題を課題にし、製品やサービス、テクノロジー、IoTの技術を取り入れたスマホ連動アプリなどでわたしたちに関わってきます。

女性の心や身体は、男性よりも気分や月のバイオリズムに左右されやすいし、妊娠、出産など、男性にはない大きなライフイベントもあります。そしてそれらは、とても個人差がありデリケートな問題を含みます。

もちろん、とまどいや苦しみはありますが、誰にも味わえない大きな喜びもあるので、明るく乗り越えるためのサポートが充実していくのはとても喜ばしいことですね。

 

なぜフェムテックが誕生したのか

 

image

これまでは多くの投資家や開発者は男性が多く、女性特有の課題にはあまり光が当たりませんでした。しかし女性の社会進出で、女性をサポートしていこうという取り組みが広まったため、自然な流れでフェムテックが誕生したのでしょう。

「私もセクハラされていた」「ヒール強制がつらい」など、#Meoo #Kuoo」運動など、女性が声を上げ、SNSなどで女性の権利や健康問題についての意見交換が活発化していることも、フェムテックを後押しする空気につながっています。

これまで口にしにくかった話題、男性が知らなかったようなことを、女性自身が明るくオシャレに発信しているため、新しい市場としても注目されています。

市場規模は、この5年間で急成長。海外ではベンチャーキャピタルによる投資額が年々増額していて、2008年には25億円だった投資額が2018年では437億円と、10年で約17倍にもなりました。このままいけば2025年には約5兆円(予想市場規模は25兆円!)になるという試算もあります。すごい!

では、フェムテックに含まれるジャンルと、注目される製品・サービスを具体的に見てみましょう。

 

フェムテックに含まれる製品・サービスの紹介

 

image

●生理関連

生理用品、生理周期の記録、生理痛を和らげることなどが主目的です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

GoGoTech(@crowd_funding_projects)がシェアした投稿

センサー内蔵月経カップ「LOON CUP」(上画像)、月経周期管理アプリ「Clue」、オーガニックコットンの生理用品・低用量ピルのサブスク配送、など

●妊活・出産・育児のサポート

妊娠しようと思ってから授かるまで、男性も含めた健康をサポートします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ava Women(@avawomen)がシェアした投稿

排卵日予想妊活用ウェアラブルデバイス「Ava」(上画像)や、スマホ連動のウェアラブル体温計、ウェアラブル搾乳機「Elvie Pump」や、妊娠中の赤ちゃんの様子をモニターするデバイス、陣痛モニターなど

 

●乳がん・子宮がん

女性特有のがんチェック、骨盤底筋の緩みや性欲減退の改善。

骨盤底筋を鍛える装着型デバイスなど

●性の健康

男性目線のグロテスクなものに比べて、パステルカラーでかわいいのが特徴。

女性目線のセックストイ、性感改善、彼氏教育の動画サービスなど。

 

他に、まだまだ遠い話だけど、閉経期・更年期に起こりがちな体調不良や違和感などを軽減、解消するための「更年期」分野、リラックス目的や、うつ傾向を感じた時に役立つ「メンタルヘルス・その他」のサービスなども展開中です。