SDGs

身近に感じる「SDGs 」|わたしたちにとって大切な17の項目

あなたは「SDGs」という言葉を知っていますか?あまり認知されていませんが、私たちにとって大切な言葉です。

 

SDGsとは?

 

image

SDGs(エスディージーズ )とは上「2030年までに達成したい17の目標」のことです。

2015年9月に国連で開かれたサミットの中で各国のリーダーによって国際社会共通の目標が定められました。

 

上図にあるように17項目にわかれています。図では読みにくいところもあるので書き出すと下記になります。

 

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

 

分かりやすい項目がほとんどですが、暮らしの中でどう関わってくるのか想像しにくいですよね。簡単にご説明を。

 

スターバックスが取り組むSDGs

 

スターバックスでは、2020年までにプラスチック製の使い捨てストローを全廃し、紙製のストローにすると宣言しました。

これはメディアで大きく取り上げられ、知っている人も多いのではないでしょうか。

実は使い捨てのプラスチック製品は捨てられた後、土に埋められ、そこからマイクロプラスチックと呼ばれる微細なプラスチックごみが海に流れ、生き物たちに悪影響を及ぼしているそうです。

これは世界的に深刻な問題となっているため、スターバックスコーヒーは注目しプラスチック製の使い捨てストロー全廃を決断したというわけです。

この行動は、3、12、13の項目に繋がります。

 

他にも、99%の豆がフェアトレードだそうです。

フェアトレード(Fair Trade : 公平貿易)と言われ、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

もう少し簡単に言うと、適正な報酬で取引を行い、きちんと生活を維持できる値段で取引をする、ということになります。

フェアトレードを行うことで 発展途上国で生産された豆を適切な価格で継続的に取引することで、生産者たちの生活を継続的に支えることができます。

この行動は、1、2、12、16、17の項目に繋がります。

 

日本の企業も取り組んでいるSDGsとは

 

コンビニのローソンが2019年8月までに全店のアイスコーヒー(Sサイズ)のカップをプラスチックから紙製に変更すると宣言しました。

これにより、542.5トンの使い捨てプラスチック削減することが出来るそうです。

吉本興業株式会社では「SDGsってなあに?〜芸人さんからネタとクイズで学ぼう〜」というSDGsを楽しく学ぶためのイベントを開催したり、サンリオは人気キャラクターハローキティによるユーチューブチャンネルを開設し、その一部でSDGsを広める動画を配信しています。

達成を目標に取り組む企業は増えていますので、それをきっかけにこの言葉を知る人もいるでしょうが日本での知名度はまだまだ低いです。

企業や団体だけでなく、まずは一人一人が知ることや意識することが大切だと思いませんか。

ポイ捨ては絶対にしない、性別で差別をしない、野菜の皮も料理に使うなど…

そんなこと?と感じるかもしれませんが、日常生活の中にもSDGsとの繋がりはたくさんあります。

意識することでもっと身近に感じることができるようになるといいですね。

そのきっかけを当サイトSHEYLEがつくれたらと願っています。

SDGsの目標達成を目指す人々を応援出来るような情報を発信していきます。